スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民に強い危機感 古い体質払拭できず、迫られる戦略見直し(産経新聞)

 1年前は政権与党の座にあった自民党に、存在感が見えない。首相指名に続き、週明けには組閣が予定されるなど、世間の耳目はしばらく民主党に集まりそう。どこまで野党の存在感を示せるか。参院選に向けた戦略の見直しも迫られそうだ。

 「すべて参院選のためのようにしか思えない」。目前の参院選に立候補予定の三原じゅん子さんは、民主党の一連の動きに憤りを隠さない。

 遊説先では民主党への批判を強く感じるという。「街頭では自民党への声援をすごく感じる。追い風が吹いていると思う」。埋没感については気丈に「そうは思っていません!」ときっぱり。

 それでも自民党の危機感は強い。4日午後7時からのNHKニュース。民主党の話題が約20分間放送されたあと、自民党の出番は谷垣禎一総裁と大島理森幹事長のコメントが2人合わせて30秒ちょっと流れたのみ。

 自民党にとって「失態続き」の鳩山首相の政権運営は、政権奪還への足掛かりをつかむ好材料だった。しかし、菅直人新首相の誕生で民主党支持率が持ち直し、参院選に向けた風向きが一変する可能性がある。

 幹部からは「鳩山、小沢両氏がいっぺんに辞めたら争点がなくなる」(森喜朗元首相)との声も出る。「敵失頼みの限界が露呈した。谷垣執行部の刷新を求める声が必ず出てくる」(中堅議員)という声すら聞かれる。

 気になるのは、週明けに明らかになる、菅新首相選出の結果を反映させた世論調査の数字だ。世論調査に詳しい川上和久明治学院大学副学長は「直近の安倍、福田、麻生の3内閣の発足の際は、内閣支持率は約20%回復した。『人心一新効果』ともいえ、今回も民主党への支持は回復するだろう」と見る。

 その上で、自民党については「依然、古い体質を払拭(ふっしょく)できていない。これまでのところ自民党支持率にあまり変化がないのはそのためだろう」と厳しい見方をしている。

【関連記事】
強い左派色 外交・安保に不安 菅直人新首相
鳩山氏とは異質の湿った軽さ パフォーマンスの菅
新首相の「脱小沢」に警戒 自民
民主党ニヤッ…支持率急上昇「首のすげかえ」まんまと成功
自民、強気 衆院解散や集中開催を要求

財政再建、調整難航も…公約「消費税」明記焦点(読売新聞)
好きなキャンディの味はナニ?(Business Media 誠)
<島根原発>差し止め棄却 安全性「問題ない」…松江地裁(毎日新聞)
<火災>住宅1室全焼、女性死亡 大阪・高槻(毎日新聞)
夫から妻へ「親族優先」の角膜移植が終了―改正法の一部施行後初(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

社民党 連立離脱9割方が支持 反対意見のみこむ(毎日新聞)

 連立政権からの離脱を決めた30日の社民党全国幹事長会議。「当然」が多数意見を占め、反対や慎重意見を表明したのは新潟県連などわずかだった。離脱派が圧倒的多数を占める中、「急がない方がいい」と考えながらも意見を表明できず、複雑な表情のまま会場を去る県連幹部の姿も。今夏の参院選、さらには今後の党勢への影響はどうなるのか。連立政権発足から8カ月。社民党は大きくカジを切った。【曽田拓、福永方人、袴田貴行】

 会議は東京都内のホテルで約3時間にわたって行われた。報道陣に公開された冒頭のあいさつ。白いスーツ姿で臨んだ福島瑞穂党首は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を「社民党の一丁目一番地」と位置づけ、罷免に至る経緯を説明。会場内からは拍手がわき起こった。

 沖縄県連からは、仲村未央(みお)書記長が発言。「辺野古移設断念を求める意思を党首が貫いて党全体で確認したことが県民を勇気付け、励ましている。この方向性を完全に否定された罷免を受けては当然離脱ということになろう」と、離脱を支持した。

 出席者によると「9割方は離脱支持」。その中で、今夏の参院選で改選議員を抱える新潟県連の田上敏幹事長は、会場で報道陣に対し、「政権離脱は、行き過ぎでは。(民主、国民新との)3党間で基本合意している政策の達成への努力と、憲法を変えさせないためにも政権にとどまり、引き続き頑張っていくべきではないか」と慎重姿勢を示した。

 滋賀県連も内部では離脱は慎重にすべきだとの意見が多数だったが、小坂淑子県連代表は「連立維持は少数意見で、(会議で)発言できなかった」。「福島さんの行動はとてもよろしい。しかし、社民党の党員数、力量など地元の状況を考えると、滋賀の場合、離脱は急がない方がいいという方向に傾いた」と、現状や今後への不安を漏らす。

 また、今回の離脱決定で、次期参院選に影響も懸念されるが、選挙区に前衆院議員が出馬予定の岸田清実・宮城県連幹事長は「影響は特に考えていない」。

 同様に選挙区で前衆院議員が立候補する埼玉県連の中山茂幹事長は「平和の問題という社民の基本中の基本で、党として筋を通したということでいけば、市民の支持は得られるのではないか」と、強気の見方を示した。

【関連ニュース】
毎日世論調査:福島社民党首罷免「適切」56%
毎日世論調査:鳩山内閣支持20% 退陣すべきだ58%
社民党:鳩山政権と一定の距離置く 連立離脱を決定
毎日世論調査:辺野古移設に反対84% 沖縄県民対象
社民党:連立政権離脱を決定 全国幹事長会議

種牛忠富士を殺処分、周囲5頭10日経過観察(読売新聞)
母親を起訴猶予処分=同居男が男児暴行―津地検(時事通信)
哨戒艦事件で危機管理対応指示=原口総務相(時事通信)
「岡本ホテル」きょう捜索 出資法違反容疑 200億不正集金か(産経新聞)
<コースター事故>通報は3時間後 教師の要請受け、初めて(毎日新聞)

<郵政改革法案>衆院で審議入り 5野党は本会議に欠席(毎日新聞)

 郵政改革法案は18日夜、衆院本会議で趣旨説明が行われ審議入りした。自民、公明、共産、みんな、たちあがれ日本の野党5党は与党の国会運営に反発し、審議入り前に本会議を退席した。

 野党側は与党が衆院議会制度協議会の与野党合意を経ずに国会法改正案を提出したことや、衆院予算委員会で「政治とカネ」問題などでの集中審議に応じないことに反発。民主党の山岡賢次国対委員長は18日午後、与野党国対委員長会談で、国会法改正案について強引な審議入りを控える意向を示したが、法案撤回は拒否。与野党協議が長引いた影響で、午後1時開会予定だった本会議は同9時前までずれこんだ。野党側は本会議には出席したが、郵政改革法案の趣旨説明が始まる直前に退席した。

 一方これに先立ち、20年までに90年比25%減とする温室効果ガス削減の中期目標を明記した地球温暖化対策基本法案は衆院本会議で与党の賛成多数で可決、参院に送付された。

 法案は中期目標は他の主要国の意欲的な目標設定が前提と明記。さらに2050年までの長期目標は80%減とした。国内排出量取引制度の創設や、地球温暖化対策税(環境税)の検討も盛り込んだ。採決に先立ち、自民党は樽床伸二衆院環境委員長(民主党)の解任決議案を提出したが、与党の反対多数で否決された。【大場伸也、江口一】

【関連ニュース】
総務省:日本郵政の「委員会設置会社」見直し提言…検証委
郵政改革:WTO大使級協議へ 米欧「強い懸念」表明か
郵政改革法案:閣議決定、3社体制に再編
郵政改革:法案骨子発表 ゆうちょ銀行などの業務拡大容認
郵政改革:政府出資2分の1以下なら第三者委を廃止

民主・三宅氏、松葉杖で本会議に登場し、また転倒(産経新聞)
3月の機械受注5.4%増=基調判断、2カ月ぶり上方修正(時事通信)
元名人の猫餌やり訴訟で判決へ=集合住宅で管理組合訴え-東京地裁支部(時事通信)
京王線で人身事故、ダイヤに乱れ(読売新聞)
子ども手当 満額断念「現金」「現物」上乗せ 選択、自治体任せ(産経新聞)

普天間移設 官房長官が徳之島町議5人と会談(毎日新聞)

 平野博文官房長官は12日夜、鹿児島市内のホテルで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、鹿児島県・徳之島町の町議5人と会談した。徳之島の地元3町長は米海兵隊ヘリ部隊の一部か訓練を同島に移設する政府案に反対しており、一部町議の動向は「5月末決着」を取り繕いたい首相官邸の頼みの綱だ。しかし、民意の分断策とも受け取れる手法に、徳之島では政府への不信感が逆に深まっている。

 「議員だから当然、島民の民意の代表者であることは間違いない。民意が許せる範囲で沖縄の負担軽減のため、ご理解をいただきたい」。平野氏は12日夕、首相官邸での記者会見で、町議との会談に期待を示した。会見が終わると、東京・羽田空港に急ぎ、自衛隊機で鹿児島に飛んだ。

 会談は約1時間半にわたり、平野氏は米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市辺野古)か沖合にくい打ち桟橋(QIP)方式で滑走路を建設し、徳之島に部隊か訓練の一部を移すことを柱とした政府案の骨格を説明した。地域振興策の話は出なかったという。

 会談後、平野氏は記者団に対し「町民の声が大変厳しいことを聞かせていただいた。日本全体の問題だから、協議をお願いしたい」と語った。町議側は「議会に持ち帰り、(町民に)報告する」と答えたという。記者団の質問には応じなかった。

 官房長官自ら空路で出向く「気配り」からは、首相官邸の焦りがのぞく。政府は米国とも調整に入ったものの、徳之島の地元3町長は「移設断固反対」の立場。徳之島への一部移設を実現しないと「5月末決着」も「県外移設」も体裁が整わない。

 危機感を強めた平野氏が着目したのが、島内の「移設柔軟派」だ。徳之島の世論は4月18日の島民集会を機に「移設反対」で結束したが、一部には海兵隊誘致による政府の振興策に期待する声がある。会談に参加した町議には移設容認派もおり、平野氏は会見で「反対の真意を聞かせていただく」と、接点を探る考えを強調した。

 政府は昨年11月以降、徳之島にパイプを持つ民主党の牧野聖修衆院議員を島に派遣して地元町長らの感触を探ってきた。平野氏も独自に移設柔軟派と接触を繰り返し、4月下旬にも都内で一部町議と秘密裏に会った。今回の町議との会談も、3町長の中では穏健派とみられる高岡秀規・徳之島町長を通じて申し入れた。しかし、出席者は徳之島町の町議だけで、定数16人のうち5人どまり。政府側の対応に、島内では「一本釣りで勝手にやっている」(町田喜男(まちたきお))徳之島町議会議長)との反発が広がっている。【横田愛、村尾哲】

【関連ニュース】
普天間移設:鳩山首相「月末までにできる限り」
普天間移設:平野官房長官、徳之島町議と意見交換へ
普天間移設:防衛相、沖縄知事と会談 政府案の理解求める
普天間移設:「先送り」閣僚発言相次ぐ
普天間:政府案骨格決定 くい打ち方式、徳之島移転など

国際バラ展 個性豊かな庭も 西武ドームで12日開幕(毎日新聞)
地域活性化 廃校の県立高、私立一貫校に転用 埼玉・加須(毎日新聞)
橋下知事が憲法改正に言及 「議院内閣制変えるべき」(産経新聞)
挙党一致を強調=党役員、閣僚にも指導力求める-民主・小沢氏(時事通信)
旬の食材に舌鼓…人気の懐石料理列車 千葉・小湊鉄道(産経新聞)

高速新料金で前原氏が小沢氏を批判「二律背反だ」(産経新聞)

 前原誠司国土交通相は23日午前の閣議後記者会見で、鳩山由紀夫首相が民主党の小沢一郎幹事長の意向を受けて6月導入予定の高速道路の新たな上限料金制の見直しを検討する方針を決めたことに対し、「党からの要望を引き取っただけで、了承したわけではない」と述べた。前原氏はその上で、道路整備を求める一方で、料金値下げを主張する小沢氏を「二律背反だ」と批判した。

 前原氏は「(小沢氏は)道路整備をしろと言っておきながら、値段が上がってもいけないという。二律背反なことをおっしゃっている。われわれは方針通り進めさせていただく」と小沢氏の意向には従わない考えを示した。

 一方、枝野幸男行政刷新担当相は「立法府で最終結論を出すのは当然だ」と国会審議を通じた見直しを容認しながらも、党側の意向で方針を転換したことについては「(小沢氏が)乗り込んできたとか、(方針が)ひっくり返ったと受け止められていることに対しては真摯(しんし)に受け止めなければならない。政治的意思決定を変えていくプロセスで、国民の不信を招くようなことはあってはいけない」と指摘した。

 こうした指摘を踏まえ、平野博文官房長官は「あくまでも決定するのは政府であり、多くの声を聞くということは当然、しかるべきだ」と反論した。

 一方、首相は23日午前、「議論の中で結論が出る。心配はいらない」と述べた。首相公邸前で記者団に答えた。

【関連記事】
鳩山内閣、高速道路でまたも迷走 小沢氏依存姿勢が鮮明に 
前原国交相「新制度見直さず」 高速料金も迷走
高速道路法案、国会審議で見直しへ 小沢幹事長らが批判
鳩山首相、高速新料金「前原案をベースに議論を」
運用理解せず…鳩山首相、普天間迷走も小沢氏“我関せず”
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<事業仕分け>「廃止」事業、国主導で存続も(毎日新聞)
米軍三沢基地F16、青森空港に2機緊急着陸(読売新聞)
平城遷都1300年祭 せんとくんも本番 主会場オープン(毎日新聞)
<名古屋市議会>民主党市議団 報酬削減の検討会設置へ(毎日新聞)
万引き「高齢者」増える、景気低迷?食品中心(読売新聞)
プロフィール

ふじさきたかあき

Author:ふじさきたかあき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。